幸せいっぱいの結婚式を目指して

結婚式結婚を決めたはいいけれど、どこから手をつけていいのかわからないと感じられている方も多いことでしょう。一口に結婚式といっても、まず挙式・披露宴会場選びに始まり、一生モノとなる指輪やドレス選び、来賓の方々に送る招待状や会場内の席を示す席次表、さらには式を盛り上げる演出はどうするかなど考えなければいけないことが山ほどあるわけです。スケジュールや期限が決まっていると焦ってしまいがちですが、落ち着いて少しずつ、ひとつずつクリアしていけば必ずや幸せの詰まった結婚式とるはずです。自分の結婚を何十回もしているから知識も豊富で段取りも万全という結婚のプロフェッショナルな方は大変まれです。誰もがみな最初は初心者ですから、まずは情報を収集・吸収していくところから始めていきませんか。

そもそも結婚式とは

結婚式とは、婚姻を成立・確認するための儀式のことで、婚約儀礼や披露宴など結婚に関わる一定の法にのっとった礼式のことを指し、婚礼、婚儀などとも呼ばれます。古くから世界中で行われており、民族や地域、宗教などにより様々なスタイルの結婚式があります。日本での起源は、日本神話の国生み・神生み神話のなかに登場するイザナギとイザナミが天の御柱を左右それぞれから廻って出会ったら結婚しようと約束をし、結ばれたという描写であるとも言われています。太古の昔から結婚式というのはロマンチックなイベントとして扱われてきたようです。なお、披露宴の起源は、平安時代に男性が女性の下に三夜続けて通ったのちに行われた「露顕(露見)」(ところあらわし)という儀式に由来すると言われています。江戸時代から明治の初めにかけては、新郎の自宅に親族を集めて新郎新婦を披露する祝言が一般に浸透し、その多くが結婚式は自宅で執り行われていました。近年のように神前式が発達するのはその後のことで、明治33年に皇太子嘉仁親王と九条節子公爵令嬢が行った正装し宮中三殿に拝礼し、神の前で夫婦の誓いを立てる形式の結婚式がきっかけと言われています。市民からも同様の結婚式を希望する声が多くなり、現在の東京大神宮が天皇家の結婚の儀に近しい神前式を創設したことにより、国民の間に定着していったそうです。その後、高度経済成長期には結婚式場によるキリスト教式も流行するようになり、現在のように多様なスタイルが登場するまでになりました。時代に合わせ内容を変えながらも続けられてきた結婚式ですが、最終的には自分らしい結婚式にしたいものです。